モッツァレラ、マスカルポーネなど、ナチュラルチーズの種類について

モッツァレラチーズとは

  1. HOME
  2. モッツァレラチーズとは

ご存知ですか?チーズには種類がこんなにたくさんあります!

ナチュラルチーズには新鮮な味わいのフレッシュタイプから熟成を重ねたハードタイプまで、さまざまなタイプのチーズがあります。
国産ナチュラルチーズは熟成方法などによって、一般的に、6つのタイプに分類されます。

フレッシュタイプ・ソフトタイプについて

熟成させないフレッシュタイプは新鮮さがいのち

ナチュラルチーズは、原料乳のたんぱく質を酵素、有機酸、あるいは加熱などにより固まらせたものです。 多くのチーズは、固まりから乳清(ホエー)の一部が除かれ、タンパク質、脂肪、ミネラルなどが豊富に取り込まれています。 カード(凝乳)を熟成させないチーズをフレッシュタイプといい、温和な酸味と弱い甘みを感じ、さっぱりとした味わいのチーズです。

モッツァレラチーズ写真

弾力のある歯ごたえと豊富なミルク風味 モッツァレラチーズ

カードを熱湯につけて引っ張るように練り上げ、それをひきちぎって作ります。表面がつるつるし、一見柔らかな餅のようです。牛乳の風味とかすかな酸味、弾力のある独特の歯ごたえが特徴ですが、加熱するとトロリと溶けて香りが増します。


まろやかな酸味とかすかな甘さ クリームチーズ

クリームチーズ写真

穏やかなほどよい酸味の中に、ほのかな甘みもあり、口あたりがなめらかです。

●おいしい食べ方

そのままパンやクラッカーに塗って食べる、ジャム・はちみつなどでデザートとしてもおいしい。


低脂肪のさっぱり味 カッテージチーズ

カッテージチーズ写真

脂質が4%前後(全重量に対する割合)と低脂肪なので、さっぱりとした味を好む人向けです。

●おいしい食べ方

サラダやカナッペ、チーズケーキや、白和えのあえ衣などにもよいです。


生クリームに似たとろけるようなコク マスカルポーネ

マスカルポーネ写真

ティラミスの材料などで有名。乳脂肪分が高く、生クリームに似たとろけるようなコクがあります。

●おいしい食べ方

酸味のあるフルーツと組み合わせるとおいしいです。


さわやかな酸味とコク クワルク

クワルク写真

フレッシュタイプらしいさわやかな酸味とコクをあわせもっています。

●おいしい食べ方

ジャムやフルーツソースとあわせてデザートと食べるのがオススメ!


淡白だけどほのかに甘い リコッタ

リコッタ写真

見た目や食感は寄せ豆腐に似ていて、淡白な中に牛乳のほのかな甘みがあります。

●おいしい食べ方

フルーツと相性がよく、お菓子の材料として使えます。


モッツァレラチーズについて

ヨーロッパ地方の家庭料理にかかせないモッツァレラ

本来、モッツァレラは南イタリアのナポリを中心としたカンパーニア州の水牛の乳からつくられる“ブッファラ”という特産のチーズです。
今は牛乳から作るモッツァレラが主流で、安定してつくるには、牛乳が適しています。
また牛乳から作るモッツァレラは、食べた瞬間、牛乳の香りが口の中で広がり、あっさりとして食べやすいのが特徴です。

新鮮さが命のモッツァレラはとってもデリケート

フレッシュチーズは保存期間も短く、長い間手作り生産が主流でした。
とくにモッツァレラはいろんなチーズの中でもお届けするのが難しいといわれてます。
新鮮でデリケートなチーズで、保存の限度も1週間ほどなのです。

新鮮さを長く美味しく!家庭へ届けたい!日高乳業は考えました

日高乳業のモッツァレラへのこだわりへ

PAGETOP